転職するなら今です。
50歳からの転職に有利な転職方法とは!?

一人で悩まずに済む転職方法。人と差が出る転職方法。
じつは、転職できない理由は年齢ではありません。
あなたの強みを欲しがっている会社はどこかに必ずあります。
そんな会社との出会いをサポートしてくれる転職方法をご紹介します。

画像の説明

50歳からの転職は
リクルートエージェントの無料登録から

【国内最大手の人材紹介会社リクルートエージェントへの登録はこちら】



50歳からの転職成功の秘訣は人材紹介会社の無料転職支援サービスを利用することです!

嬉しいことに利用は全て無料!

それが転職成功への最短ルートです。

50歳(中高年)以上の転職は厳しい、それは事実です。

理由は、求人数の絶対的な数にあります。

そう、50歳以上の求人数は、少ないんです。でも、ゼロではありません!(←ここ重要)

その希少価値の高い求人を比較的多く持っているのが人材紹介会社なのです。

リクルートエージェントは業界第一位の人材紹介会社で、一番求人を多くもっています。

求人を紹介してもらうためには、リクルートエージェントの無料転職支援サービスへの登録が必要です。

【無料】リクルートエージェントへの登録はこちら

【転職支援サービスとは?】

リクルートエージェントなどの人材紹介会社に登録すると、あなた専属のキャリアカウンセラーが付きます。

キャリアカウンセラーは、キャリア面談をして、あなたの希望やスキルにあった求人をスピーディにお勧めしてくれます。

 
選考にかかわる調整ごと(面接日程調整や年収交渉等)も全てキャリアカウンセラーが代行してくれるので、とても便利です。企業に自分からは質問しにくいこと(残業の有無、給与体系、部署の人員構成等)もキャリアカウンセラーは代行質問してくれるんですよ。

人材紹介会社には、企業から極秘に依頼をうけている非公開求人があるのも特徴です。

そのような求人の多くは、管理職やマネージャー、部長、役員クラスの重要なポジションの求人です。

 
そして、そのような重要求人の応募要件は意外にも年齢の幅が広いのです。

例えば、応募要件が48歳までと記載されていても、キャリアカウンセラーがあなたを強く推薦することで、50代の方でも面接に進めたりするのです。

年齢がネックとなり、面接まで進むのが大変な50代の方にとって、とにかく融通が利く、というのが転職支援サービスを使う一番のメリットでしょう。

デメリットとしては、キャリア面談時に要望の求人が無い可能性があるということです。

要望に合う求人がその時ににあるかどうかはタイミング次第になります。ですので、転職すると決めたら、できるだけ早く登録して行動することがポイントとなります。

転職支援サービスの利用にはWEBからの登録が必要です。

【無料】リクルートエージェントへの登録はこちら



50代の方の転職成功体験談!!

年収を落とさずに転職できました!!
営業職(50歳男性)

大手の企業でマネージャーをしていました。リストラが行われることになり、私もその対象になりました。息子はまだ大学に入ったばかりで、娘も高校生。これからお金がかかる時に、不運というしかありませんでした。会社が用意した再就職支援サービスを受けましたが、そこではなかなか良い会社に巡り会えず、1ヶ月が過ぎました。個人的に人材紹介会社に登録しました。年収を落とすわけにはいかなかったので、管理職での転職を希望していたところ、面談して1週間ぐらいで営業企画部の部長の案件を紹介してもらいました。書類選考から内定まで1ヶ月ちょっとかかりましたが、無事に希望の年収で入社が決まりました。

【ズバリ成功の秘訣は?】
実はここだけの話、45歳までの案件だったのですが、キャリアカウンセラーの方が企業にプッシュしてくれて、50歳の私でも応募することができたんです。また年収交渉もしてもらって、オファーよりも50万円アップに成功しました。こういう裏技(?)を使えるのが人材紹介会社メリットだと思いますし、私が転職に成功できた秘訣です。

希望退職後、新たな職種にチャレンジできました!!
銀行員(56歳男性)

大規模なリストラが行われることとなり、50代も半ばすぎに希望退職しました。退職してからの転職活動でしたが、ハローワークでは希望の求人がなく、人材紹介会社に登録をしました。50歳をすぎると求人が一気に減ると聞いていましたので、正直ダメもとでの登録でした。面談後、証券会社での指導員の求人を紹介され、トントン拍子で採用が決まり、転職活動を初めてひと月で入社することができました。

【ズバリ成功の秘訣は?】
銀行への転職でなければならないという概念を面談で外してもらえたことだと思います。職種も営業希望でしたが、これまでの経験を活かせる求人を幅広くだしてもらったことで、指導員というあたらな職種に挑戦することができました。

ブランクのある私でも転職できました!
人事総務(50歳女性)

主人のアメリカ駐在後、帰国して転職活動を始めました。会社務めから10年も離れていたので、転職できるだけでラッキーという気持ちで、人材紹介会社にお世話になりました。私が持っているスキルは、産業カウンセラーの資格と、日常会話程度の英語力。キャリアカウンセラーの方は、熱心に話を聴いてくれて、小さな会社の人事総務の仕事を紹介してくれました。「10年のブランクなんて気にしないでください!●●さんのお人柄、英語力で押してみます!」と嬉しい言葉をかけて頂いたのを今でも忘れません。結果は、1次面接のその場で採用決定を頂きました。きっと、キャリアカウンセラーの方の押しがなければ、書類選考で不合格だったと思うので、本当に感謝しています。

【ズバリ成功の秘訣は?】
キャリアカウンセラーの方のご尽力のおかげです。女性で50も過ぎて、しかもブランクのある私が希望の職種で就職できたのも、キャリアアドバイザーの方が会社を説得して面接の機会を作ってくれたからだと、本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。


50歳からの転職活動におすすめ!
リクルートエージェントの転職支援サービス

リクルートエージェントの無料転職支援サービスに申し込む

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM