転職するなら今です。
50歳からの転職に有利な転職方法とは!?

一人で悩まずに済む転職方法。人と差が出る転職方法。
じつは、転職できない理由は年齢ではありません。
あなたの強みを欲しがっている会社はどこかに必ずあります。
そんな会社との出会いをサポートしてくれる転職方法をご紹介します。

画像の説明

50歳からの転職は
リクルートエージェントの無料登録から

【国内最大手の人材紹介会社リクルートエージェントへの登録はこちら】



50歳からの転職成功の秘訣は人材紹介会社の無料転職支援サービスを利用することです!

嬉しいことに利用は全て無料!

それが転職成功への最短ルートです。

50歳(中高年)以上の転職は厳しい、それは事実です。

理由は、求人数の絶対的な数にあります。

そう、50歳以上の求人数は、少ないんです。でも、ゼロではありません!(←ここ重要)

その希少価値の高い求人を比較的多く持っているのが人材紹介会社なのです。

リクルートエージェントは業界第一位の人材紹介会社で、一番求人を多くもっています。

求人を紹介してもらうためには、リクルートエージェントの無料転職支援サービスへの登録が必要です。

【無料】リクルートエージェントへの登録はこちら

【転職支援サービスとは?】

リクルートエージェントなどの人材紹介会社に登録すると、あなた専属のキャリアカウンセラーが付きます。

キャリアカウンセラーは、キャリア面談をして、あなたの希望やスキルにあった求人をスピーディにお勧めしてくれます。

 
選考にかかわる調整ごと(面接日程調整や年収交渉等)も全てキャリアカウンセラーが代行してくれるので、とても便利です。企業に自分からは質問しにくいこと(残業の有無、給与体系、部署の人員構成等)もキャリアカウンセラーは代行質問してくれるんですよ。

人材紹介会社には、企業から極秘に依頼をうけている非公開求人があるのも特徴です。

そのような求人の多くは、管理職やマネージャー、部長、役員クラスの重要なポジションの求人です。

 
そして、そのような重要求人の応募要件は意外にも年齢の幅が広いのです。

例えば、応募要件が48歳までと記載されていても、キャリアカウンセラーがあなたを強く推薦することで、50代の方でも面接に進めたりするのです。

年齢がネックとなり、面接まで進むのが大変な50代の方にとって、とにかく融通が利く、というのが転職支援サービスを使う一番のメリットでしょう。

デメリットとしては、キャリア面談時に要望の求人が無い可能性があるということです。

要望に合う求人がその時ににあるかどうかはタイミング次第になります。ですので、転職すると決めたら、できるだけ早く登録して行動することがポイントとなります。

転職支援サービスの利用にはWEBからの登録が必要です。

【無料】リクルートエージェントへの登録はこちら


理由①リクルートエージェントの3つの強み

スクリーンショット(2013-02-24 3

リクルートエージェントに登録する最大の価値は、あなたの強みを発見してくれるところにあります。

全ての業界ごとに、優秀なキャリアカウンセラーが多いのが特徴です。

面接力に不安のある方でも、強み発見力のあるプロのキャリアカウンセラーに全てお任せください!

また、非公開求人も多数あり、企業への押しが上手なキャリアカウンセラーが多数在籍しています!

【リクルートエージェントのキャリアアドバイザー】


理由②求人数が一番多い!!

リクナビネクストなどのポータルサイトにはない求人をリクルートエージェントはたくさんもっています。

管理職やマネージャー経験のある重要度の高い求人となると、じっくり選考になります。そのため非公開求人で、人材紹介会社に依頼する企業が多いんです。

そのような求人はハローワークやリクナビネクストなどの求人媒体には出てきません。

また、リクルートエージェントは人材紹介会社では老舗。

その実績と信頼から、求人数は業界第一位です!

あなたの望む求人もここにならきっとあります。

人材紹介会社について詳しく知りたい方は、以下のリンクをご参考にしてください。

【人材紹介会社って何?その仕組みを詳しく見てみる】


理由③登録が簡単

リクルートエージェントの登録はとても簡単です。
約15分で完了します!

スクリーンショット(2013-02-24 3
最初に「基本事項」の入力です。
転職希望時期、転職希望地、現在の年収、職種、生年月日、メールアドレスを入力します。

スクリーンショット(2013-02-24 3
次に「プロフィール」の入力です。
氏名、性別、住所、電話番号、最終学歴、卒業校を入力します。

スクリーンショット(2013-02-24 3
次に「語学力と資格」の入力です。
英語力に関する能力レベル、TOEICスコア、英語以外の言語の能力レベル、海外赴任経験、資格や学歴を入力します。

スクリーンショット(2013-02-24 3
最後に「現在または直前の職務経歴」の入力です。
経験者数、現在の就労状況、勤務先名、在籍期間、業種、雇用形態、3000文字程度の職務経歴、その他伝えておきたいことを入力します。
この項目が一番大変ですが、がんばりましょう!!
職務経歴は、面談の時にカウンセラーが参考にするものです。できるだけ詳しく記載すると良いと思います。

あとは、確認して送信するだけで登録は完了!
面談日程の調整の連絡を待ちましょう!


【リクルートエージェントへの登録はこちら】


【リクルートエージェントの口コミを見てみる】



無料転職支援サービスは面倒という方は、
リクナビネクストがおすすめです。

リクナビネクストは、日本最大級のWEB転職サイトです。
登録すると、次のことができるようになります。

  • 自由な条件で求人検索が可能。
  • 求人応募は24時間いつでも自由にできる。
  • 企業からスカウトメールが届く。
  • 新着求人をメールで受け取れる。
【リクナビネクストへの登録はこちら】

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM