もう一人で悩まないでください!転職は人材紹介会社を使うのが断然有利です。

受かる転職動機の書き方

受かる転職動機の書き方

転職動機ってとても難しいのもです。

ついつい現職の会社の悪いところを上げてしまう。。
だからついついネガティブな転職動機になってしまう。。

そういう方多いです。

では、100%ポジティブな転職動機でなければならないのでしょうか?

答えはNO。

今の会社に何かが欠けているから、転職したいというのが当たり前といえば当たり前です。
全て満たされているのなら、転職しなくて良いわけですから。

私がおすすめするのは、

「転職動機は、ポジティブなものとネガティブなものを織り交ぜて書くこと」

そして、

「自分はどうしたいのかを具体的に書くこと」

です。

(例)
「今の会社で順当に出世していくのもいいが、もっとチャレンジングなことに取り組みたい。例えば、ルート営業よりも新規開拓を中心とした営業で自分の営業力を活かしていきたい。」

「今の会社は、いわれたことだけをこなしていれば良いというのが若手社員に求められている。もちろんそれも会社の足並みをそろえるうえでは重要なことかもわからないが、自分は、自分のアイデアを形にしていくような仕事のやり方をしたいと思っている。」

「今の会社は、業務量がとても多くて、今の労働環境には疑問を感じている。私は仕事が好きなので、少々の残業は許容できるが、さすがに毎日のように帰宅時間が24時を超えるこの環境はどうしても自分では変えることができない。」

こちらはプロの仕業。参考になりますよ。

↓↓↓

【無料】受かる転職動機の指導をうけてみよう

受かる面接のポイント】はこちら

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional